椿屋珈琲店本店

レトロな喫茶店ほど接客が○○

夕食で利用。
外食だとなぜかカレーが食べたくなります。
という事で夕食もできる喫茶店を探したら、
ホテルの近くにありました。

行ってみると、やはり喫茶店。
夕食利用が少ないからか、
19時を過ぎると人が一気にいなくなります。

奥のテーブル席を案内されるもちょっと窮屈だったのと、
そんなに混んでも無かったので、
別のところに行って良いか訪ねると、
「今すぐ用意します」との事。

私の指さした先とメイドさんの目線が合っていない…。
意思の疎通が図れません。笑

まあ良いかと思い席を移動し、
「決まった頃にお伺いします」の
オーダーが全く来ない…。

ビーフカレー。
ルーは美味しい。
ご飯はパサパサ。

食後のコーヒーがカレーを食べて5分以上しても全く来ない。

さすがに待ちくたびれて、
呼びに行くと、手前でお土産客を接客している店員は、
こちらの呼びかけを完全にスルー。

その奥の店員も全く気づかない…。

さっきまでいたメイドさんも出てこない。笑

そして、客が帰ったと同時に、
「食後のコーヒーですね?」と何事も無かったかのような応対。
ほほう、そう来たか。

銀座でレトロな雰囲気の喫茶店は多く何軒も入りました。
でも、接客に関して言えば、真新しいカフェの方が断然できている現実…。

良かったのは、このブラジルコーヒーが
サイフォンの割に美味かった事だけ。

レトロな喫茶店にハマりつつ有ったのが、
今回の件で目が覚めました。

良い教訓となりました。