宮越屋珈琲 銀座店

ケニアがマイブーム

出張帰りに午前中にどこか行こうと思い、ネルドリップが飲めるこちらへ。

ケニア

おとといの堀口珈琲に続き、ここでもケニア。
にしても、銀座エリアは、やはり土地代分が若干の上乗せ。
1杯飲むのに千円近くするという…。

その分、味は、まずまずだったのでイーブン。
香りは、ケニア独特の豊かさ。

グレープフルーツというのがピッタリくるくらい印象的な酸味。
意外と芯の部分が強めの苦味がある。

後味も割と残る感じがしていたけど、温度が低くなるにつれて、次第にマイルドな甘みが際立ってくる。

何にしても、最後までグレープフルーツだった…。

ウガンダ

香りは、やや独特で印象的ながら、味は、マイルド。
ケニアが印象的だっただけに苦味も酸味もそんなに感じない。

豆のインパクトもケニアと比べると弱いかなぁと思いつつ、まあ、二杯目はサッパリしている方が良いかもしれない。

さて、そろそろ帰ろうかと思い、その前にトイレに行こうとするも、前に入った客が店内に一つしか無いトイレを独占し15分経っても出てこない…。

仕方なく店内を後にし、その後、駅のトイレに行こうとするも近くにあった多目的トイレが清掃中という…。

コーヒーは良いけど、喫煙可、トイレが一つ、居心地は今ひとつ…。