行き着く先はトラディショナル

やっぱりこの豆に戻ってしまう…

もはや、定番となっているカフェテナンゴ。

「もっと色んなお店の豆を試したい」という気持ちはあるものの、
ここの豆を注文して飲むと、
「他の店は、また今度で良いかな!」と思ってしまいます。

中でもお気に入りがエル・インヘルト農園のトラディショナル。

この豆は、シティローストとフレンチローストがあり、
両方とも飲み比べ、結局、シティに落ち着きました。

でも、十分焙煎の香りも感じられ、
全ての面で程よい味わいです。

まさに正統派。

写真だとわかりずらい、この膨らみ。
何も考えず、お湯をポタポタと淹れるだけで、
自然と豆が膨らんでくれます。

他のお店の豆の中には、焙煎直後なのに
イマイチ膨らまないこともあります。

豆の品質なのかもしれないけど、
焙煎機の性能、そして、焙煎士の腕?

エル・インヘルト農園の豆は、他のお店のも使っているけど、
やっぱり、膨らみ一つ取っても違います。

ここの豆は、その辺も全て信頼できるので、
こちらは、ドリップする事と美味しく飲む事に専念。

ペーパーには、触れないように淹れているのに、
豆の膨らみで自然と端まで広がっていきます。

味は、程よい豆の香ばしさがあり、
口に含んだ瞬間にコーヒーらしい苦みと共に、
酸味、そして、豆の味(旨味)のようなものも感じる。

いわゆるコレがボディ感?

でも、ずっしり来る感じのボディ感ではなく、
味が濃縮されているような感じ。

うーん、例えが難しい。
ただ言えるのは、トラディショナルは、
2袋(400g)買っておけば良かったという事。