よく見るとコーヒー豆に虫食い穴が…

美味しいと思っていただけに残念

これは、あまり品質は良くないという事でしょうか。
普通に粉で売られているコーヒーは、こういう虫食いの豆が何も選別される事無く使われているという事がコーヒーの焙煎豆を販売しているマスターのブログで書かれていました。

それを知ってから、ちょっと気になり始めたのですが、今、豆のままで購入しているコーヒー豆にも普通にありましたね。虫食いが…。
まあ、それが普通なんだろうなとは思います。

でも、ちゃんとハンドピックしているところもあるそうです。
今度は、そういうところの豆を購入しようかなと考え中です。

というのも、実際に店舗に行っておいしいと思ったので、何度か通販で購入していたところに、保存方法に関して気になる事があったので問い合わせしたら、全く返事を貰う事が出来ませんでした。

それ以来、そんなに品質は良くないのかなと考えるようになり、他の豆を試す事にしたというところです。

色々な豆を試してみないと、見えてくるものも見えてきませんからね。
しかも、基本的に個人店が中心なので、そのマスターのこだわりが豆の種類や焙煎度合いなどに現れています。

その辺の違いも試してみる事で自分にマッチしたものがもしも見つかれば、コーヒーの味など、好みの似ているお店を見つける事が出来るかもしれません。
そういう期待も込めて、これから、色々なお店の豆を試すのも面白そうかなと思ってます。

ちなみに、コーヒー農場への視察などは、何人かでグループを組んだりして行くのが普通のようですが、本当にこだわりのある人の中には、何のつてもなく一人で現地へ行ってコネクションしてくるような人も居るそうです。

それも含めて、自分の勘を頼りに動いている人ってすごいですけど、そういう生き様的な部分も踏まえて、応援の意味も込めて購入してみたくなりますよね。